今月末に日珠連の検定試験があります。

息子小学4年生と娘小学2年生が1級にチャレンジです。

息子は特にそろばんが好きでもなく、練習も嫌い。そして引っ越しをしたのもあり一年生の時は週一回の通塾のみで大して練習もしていなかったので、娘に追いつかれちゃいました
負けず嫌いでもないので妹に抜かされても平気なようです。困ったもんだ。←この辺は私にそっくり

二人に共通して言えるのはとにかく練習時間が短い!無理矢理やらせないとまず自分から練習をしません。
練習をしなさいと言っても、「宿題終わってから~」「のどが渇いたからジュースを飲んでから~」「おなかも減ったからおやつも~」
「うんこがしたくなった~」 ←このあたりで私がブチ切れ

週に何時間ぐらい練習しているのか冷静に考えてみたところ、2回の通塾で2時間として家ではやったとしても一回30分ほどなので(しかも毎日じゃない)合計しても週4時間ほどの練習でしょうか。

試験に申し込みはしましたが、こんな練習で合格するほど1級は甘くありません!
案の定、試験2週間前だというのに全然仕上がってない二人(+_+)
と言うわけで昨日はなんとか1時間半ほど練習させました。

息子が割り算をしているのをふと見ると、まず後半の¥マークの所から始めています。
まぁこれはこれでいいかと見ていると、2~3問やったところで次に一番上の問題へ飛びました。

また見ていると下の¥マークの問題へ移ります。分からなくて飛ばしているのかな?と思って見ていると、上へ行ったり下へ行ったり、あきらかにおかしい???
「ちょっとあんた何してんの!?」と聞くと、何と整数問題だけを先にしていました。しかも下と上を行ったり来たりしながら。

「だってこの方が速いねんも~ん♪つい最近思いついて~ん。えっへへ~♪」とぬけぬけと言う息子に思わず「バッカモ~ン!試験前やというのにお前は何をしてるねん!」と夫と二人で叫びました。あぁ脱力(T_T)
まさに猿の浅知恵。息子の浅知恵。←しかも顔も似てる。

そんなこんなで後2週間を切りましたが、前途多難でございます。

すべっても正直にこちらで報告したいと思います。