あぁ書いちゃいましたよ。大胆なことを。

夫の過去の暗算の腕前ですが、中学生の時に取得した日珠連暗算総合9段というものです。(かけ暗10段、わり暗10段、みとり暗9段)
もうそこまで来たら10段取っといたら良かったやん!と今更ながら私は思うのですが、、、

中学生の時に、ずっと教えて頂いていたそろばんの恩師もそろばんから離れ、恩師からも「もうお前は教える方にまわれ。」と言う言葉と自分自身もなんだか燃え尽きちゃった感でほとんど練習を止めてしまいました。
と言うわけで、暗算総合9段という何とも中途半端な段位なわけです。

人それぞれ事情がありましょうが、夫に関してはそこら辺が、ずっと現役の選手で頑張って大人になられた方と志も情熱も違ったと言うことでしょうか。

しか~し、開塾を決めてからの夫は違いますよ!
子供達を指導するうちにますますかつての情熱が戻ってきております。

実は今年の2月にこ~っそり暗算の段位検定を受けましたが、結果は「総合7段!」
ちょっとー 全然やん!へたくそー!!と私に罵られ自分でもちょっとへこむ夫。
総合9段から総合7段に落ちちゃいました。←これはもう無かったこと、無かったこと (;^_^A 

最近、生徒さんのために全珠連の問題も取り寄せたのですが、それをきっかけに全珠連の暗算段位検定も受けてみようという事になりました。全珠連に関しては全く知りませんでしたので、新鮮です。
どうも11月に暗算段位検定があるようなので人生初のチャレンジです。
もしかしたら受験者の最高齢ですかね?

10月の日珠連、11月の全珠連、どちらも頑張ります!
結果はまた降段(そんな言葉があるのか知りませんが)しても報告したいと思います

暗算10段を目指してがんばるぞー!←夫が。