常に速く正確に!を求められるのがそろばんです。
どちらも大切なことですが、初心者にとってまずは間違えないことが重要です。

丁寧に間違えず正確に弾けてから徐々にスピードを付けて行きます。というかスピードは後から付いてくるものです。
初心者の生徒さんで気が焦って速く弾いてしまい結果他の珠をひっかける、またその事に気づかずに答えが違っている生徒さんがいます。

少し慣れてくるとどうしても動作が速くなり雑になってきますので、そういう時は見本を見せてゆっくり珠を動かして貰います。
そうすると不思議そうに「えっこんなに遅くてもいいの??」という顔をするのですが、そうなんです。最初はゆっくりでいいんです。まずは丁寧に間違えないことが重要です