4年生の息子は現在あんざん1級の練習をしています。

今まであまり暗算の練習をしていなかったというのもありますが、妹と比べると苦手な方で夏休みに2級練習をし始めた時なんて、みとり暗算は200点満点中、30~50点というありさまでした。

現在も1級のみとり暗算でまだまだ時間も足りず120~130点ぐらいしか取れていません。

そんな息子が先日の段位検定前に急に4桁一括が出来ると言い出したのでびっくりしましたが、1問とはいえ合わせたのにも腑に落ちないながらもびっくりしました。まぐれにしても??

さて次の日、一緒に暗算段位検定を受けた6年生の男の子(今回準2段合格でした♪)が4桁一括でやってみたい!と言ったので、夫と娘も一緒にやってみることに。

ひとまずそろばんの5級の問題を使って10問やろうということになりました。
夫自身も4桁は3桁と1桁に分割しており、みんなほとんど初挑戦です。

結果、夫50点! 娘と6年生の男の子、10点。でした。
まぁ初めてやるとこんなもんやね。合わないもんよね~と話していたところに息子が登場。

引き算が入ったのは多分出来ないと言ったのですが、ひとまず挑戦しなさい、という事でやらせてみました。
先日のことがなければ、息子にはやらせていません。

結果、他の3人よりも30秒ほど時間はかかりましたが、何と!90点でした。もう全員がびっくり!
あきらかにこのメンバーでは息子が一番出来ません。その上、練習も一番サボっています。
それなのに夫よりも点数が取れるなんて!

全員がびっくりしてる中、調子に乗った息子。「6桁一括も出来るかも~?」と言うのでやらせてみたところ、何と!
本当に合わせました!

もうみんな唖然

一体、うちの息子に何が起こったのでしょう?

突然あんざんの神様が舞い降りたのか、はたまた試験二日前に「えっ明後日何があるん??」と素で聞いた息子の頭を思わず平手でぱちこ~んとどついたのが良かったのか?

沸き立つ私たちそして凄い目つきで兄を睨みつける妹。←悔しかったようです。
じゃぁじゃぁ、かけ暗算も出来るようになってるかもやってみて、やってみて♪
結果→1級のかけ暗算70点。ガクっ
気を取り直し、読み上げ暗算も出来るようになってるかも!?
結果→3桁10口の読み上げ暗算、5問やっても一問もあいません。ガクっ

結局色々試してはみましたが、他は全く今までと変わらず、、、
夫も、6桁一括のみとり暗算が出来るのなら3桁×2桁のかけ暗算がもう少し出来るはず。ましてや読み上げ暗算は目からの情報が遮断される分、紙の暗算よりも普通は出来るはず。もう意味わからん。と首を傾げます。何なの?このアンバランスさはどなたか解明して下さいませm(__)m

一括計算というのは正確性とスピードがあってこそのものです。
分割してても正確性とスピードがあればそれが一番ですから、はっきり言って息子のは意味がありません。
それならまず、ちゃんと3桁一括を合わせてくれ~!
ついでに言うなら、30÷3=をちゃんと言えるようになってくれ~!と母の願いです。

結論→息子レベルの6桁一括は全く意味なし

はぁ~ぬか喜びでした